2017年01月31日

家庭で衣類の簡易クリーニング|おうちで簡単に、お財布にもやさしい


blur-1852911_640.jpg


明日からはもう2月。
とはいっても冬物衣類をクリーニングに出すにはまだ早い時期です。

クリーニングに出すにはまだ早い、クリーニングに出すほどではないけれどちょっと汚れが気になってきた。
そんなコートやスーツ、制服などを家庭でできる簡易クリーニングでさっぱりとさせ、残りの冬を気持ちよく過ごしませんか?
お財布にもやさしい方法です。

スポンサーリンク




ベンジンで簡易クリーニング

簡易クリーニングは若いころに母から教わりました。
使うのはベンジンとタオルや手ぬぐい。

ベンジンはえり汚れのような皮脂汚れに効果があります。
写真のようなものがドラッグストアで手軽に200円ほどの安価で手に入ります。

IMG_2264 .JPG
アルプス ベンジン 小(100mL)[シミ取り 洗濯用洗剤]

エリモトも同じように使うことができます。


簡易クリーニングの前にすること

布団たたきなどで衣類からホコリをたたき出し、衣類用のブラシでホコリを落とします。
これをしないまま簡易クリーニングを行うと、ホコリ汚れを衣類に染み込ませてしまいます。

簡易クリーニングの方法

  1. タオルや手ぬぐいなどにベンジンをたっぷりつけて、えり汚れなどのシミの部分を押さえてベンジンを染み込ませます。

  2. きれいなタオルなどを当て、裏からさきほどのタオルでたたいて汚れをきれいなタオルに移し取ります。

  3. 何度か繰り返します。

  4. 輪ジミにならないよう、周囲をベンジンでぼかします。

  5. 風通しのよい場所に吊るして乾かします。

この方法は着物のえり汚れにも使えます。

全体の汚れは洗濯用中性洗剤で

  1. アクロンやエマールなどの衣類用の中性洗剤を薄めて、タオルなどにふくませてしっかり絞ります。

  2. そのタオルでコートなどを軽くたたくように拭きます。

  3. きれいな水やぬるま湯を含ませてよく絞ったタオルで洗剤分がなくなるように何度か拭きます。
    その都度タオルをすすいで使います。

  4. 風通しのよい場所に吊るして乾かします。

どちらの方法も色落ちしやすいものや毛羽立った素材、特殊な素材には使えません。
心配な場合は、目立たないところで試してからの方がいいです。
ご自身の責任でお願いします。

またベンジンは化学溶剤なので換気のよい状態で使い、下記にも十分注意してください。


tie-690084_640.jpg

水洗いできる衣類は手洗いか洗濯機の「おうちクリーニング」コースで洗っていますが、水洗いできないものはこういった方法を使ってクリーニングに出すまでのつなぎにさっぱりさせています。

クリーニングとクリーニングの間にすることで、衣類にもお財布にもやさしく服のきれいを保ち、気持ちよく着ることができます。


毎日の家事の参考にどうぞ。
ブログ村テーマ
そうじ・洗濯のコツ〜きれい大好き

すっきり暮らす
主婦のつぶやき&節約&家事etc...
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア








スポンサーリンク



posted by ゆきの at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts 

Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright (C)2015 明日のために〜50代からの自分づくり〜 All rights reserved

▲TOPへ戻る